ぎっくり腰(魔女の一撃)の原因と治療法について

ぎっくり腰や腰痛とは症状名ですので、急性腰痛症と言う方が適切でしょう。

ぎっくり腰の原因は医学的に分かってません…因みに腰痛の85%くらいは原因不明と言われています…

なに~原因が無いのになんで、こんなに痛いのか!

当院の考え方で説明いたします。当院にも数多くのぎっくり腰の患者様が来院されます。

その症例から推測していくと、まず熱感や動作に対する強い運動制限と強い痛み、また症例によっては自発痛(じっとしていても痛みがある状態)が診られることのあり、このような症候から考えて、組織損傷に伴う炎症が患部に存在するであろうことは疑う余地がありません。

この組織損傷に伴って急速に発症した症例がぎっくり腰(急性腰痛症)と言えるでしょう!

このぎっくり腰は急になるのではなく、徐々に疲労や力学的な負担が患部に集中し、最後のとどめを何かの動作でした瞬間にぎっくり腰になっただけで、最後の動作は止めをさした切っ掛けでしかありません。当院に来院された患者さんに詳しくお聞きすると、ほとんどの方が1週間前くらいから、ちょっと腰に重怠さ感や違和感を感じていたと言います。

普段何気にしていた動作が実は腰痛のきっかけで、その蓄積がぎっくり腰ということです。

治療法は急性期の場合は主に炎症が伴った組織損傷が原因ですので、安静が一番です!なぜかは?患部をケガ、や捻挫した時に皆さん安静にしませんか?そうです!安静にしないと患部に負担がかかり、組織修復にかかる時間が長くなります。動けないくらいの痛みの場合は、そのまま寝ている方が良いということです!

無理に動いて、病院や治療院へ行く動作こそ負担になっているということです!当院でも無理に動けない状態の場合は安静をとっていただきます。無理に来院されて施術で動くようにはなりますが(-_-;)、患部の負担を考えると安静が一番大事だと感じています。施術(治療)もあまり動くようにしてしまうと、治ろうとしている患部に負担がかかり再発する恐れがあるため、完全には動くように施術は致しません!ある程度の痛みを残して施術を終わります。