今回はオスグット病、ジャンパー膝など成長痛が原因と言われる疾患について

 

「オスグット」の画像検索結果

まずオスグット病とは

 

【症状】脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、運動をして負荷を強めると痛みが再発すると言われています。
発育期(成長期)のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

【原因、病態】

10~15歳の成長期の子供が、走る、ジャンプを、跳躍などが原因で発症すると言われています。

 

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝の前の筋肉が繰り返し必要以上に伸ばされる力により、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線(成長途上で弱い部分)に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

 

 

「オスグット」の画像検索結果

 

次にジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)とは

【症状】

ジャンパー膝は、膝蓋腱炎、大腿四頭筋腱炎のことで、膝伸展にかかわる腱のオーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。バレーボールやバスケットボールなどでジャンプの多い種目や、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられます。

 

【原因、病態】

ジャンプ、ダッシュなどにより、大腿四頭筋に過剰な伸ばされるような力が発生するのが原因です。特に成長期は骨の成長が早く、それに対して筋肉の成長が追い付かず?…伸びない、短い状態が続くので筋肉から膝蓋骨(お皿)を介して腱に負担が集中し負傷すると言われています。

 

症状の初期は走った時にだけ膝が痛くて、歩いたり、しゃがんだりしたときに痛みはなくジッとしているときなどは痛みがありません。最初の時期は痛みが強くなっても安静にしていると痛みも軽減していきます。

重度になるとしゃがむ動作、正座困難、歩くこともビッコを引いてしまうほど痛み(炎症)が強くなることもあります。

実際に足を引きずって来院されることもよくあります。

上記のように成長期の弱い部分に負担がかかり過ぎることが原因と言われていますが、本当にそうでしょうか?

成長著しい子供で跳躍やジャンプ、ボールを蹴るような負担の大きな競技をしていても膝を痛めない人は幾らでもいます。成長期の弱い部分であることで、損傷しやすいのは確かだと思いますが…

 

では当院が考える本当の原因とは

 

原因は一言でいうと走っているときやジャンプや蹴るときの癖(関節や筋肉に負担になる動き)が原因です!

 

膝の痛みの出た場所によって動きをある程度、予測することができますが…

 ひざ下(オスグット病など)や上下(ジャンパー膝)に出る症状の原因は走っているときの前後の体重バランスが悪い動きが、走っているときにあることを意味しています。
 走っているときに体重が片足にほぼ全て、または、ほとんど乗っている時期に体重が乗っている足よりも後方に身体位置が配列させている場合が原因になることが多いと考えています。
片足にほぼ乗っていないといけない時期に、後方へ身体が残ってしまうと、後ろに倒れようとする力と足が着いて維持しようとする力との間にズレが生じて、その結果、膝に痛みが発症します。
これだけが原因ではなく、走るときのある意識や動きが原因になることもあります。これは特殊な動作分析能力が必要の為、ここではお話は控えさせて頂きます。
ジャンパー膝も、ほぼ同じ動作が原因で発症していると考えています。
競技中に膝の内側や外側に出る痛みの原因は水平回転への動きが原因で発症することが多いいと感じています。
本来、進行方向へ真っ直ぐに出て行かなければならない、上半身の動きと下半身の動きの連動性がわるく、その間にある膝などに捻れの力が発症し痛めるケースがあります。
シンスプリントや鵞足炎などはトレック競技中に発症することが多く、トラック競技は真っ直ぐ走るのではなく、左回りに走りますので、そのカーブを曲がっているときに水平方向の捻れが生じ痛みを発症します。
この捻れも動作の不具合(癖)によるものが原因と考えられます。
膝の上や内側など足首や脛など様々な所に出る痛みが、走っているときなど、特定の動作で発症する場合の原因はほぼ癖によるものです。
この場合、治療をしても再発率は高くなります。
治療プラス、動作指導をしない限り何度でも発症し、その結果、骨端線に亀裂が生じ重篤な状態(靭帯損傷、剥離骨折、オスグット病など)になる可能性がありますので、再発する場合は注意が必要です!
最初は走っているときにだけ痛かった痛みが、歩いたり、安静にしていても痛みが伴う場合、症状はかなり深刻な状態になっている場合がありますので、最寄りの医療機関(整形外科)への受診をお勧めします!
当院は動作分析を得意としておりますので、再発率を減らすことや無くすことも可能です!
動作分析は誰にでもできるというものでもなく、特殊な動作観察が必要になりますので、巷で溢れている運動療法やストレッチ、動作指導などは悪化させる危険性がありますので、注意してください!
もし治療だけで動作指導をしてもらえないような場合、治療所(整骨院、整形外科)を変えた方が良いでしょう!
少しでも参考になったでしょうか?
当院はこの疾患に対しての治療、動作分析を得意としています!

 もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください