今回は本日、来院された患者さんからの、ご相談に対して、お答えをしようと思います。

その方の症状は腰痛、坐骨神経痛、股関節痛(変形性股関節症)で手術を勧められている患者さんです。

その方の相談は「先生、長時間座ってるときやその後の動き始めに、腰・股関節が一番痛いんです」と言った内容でした。

・長時間、座っていること

・長時間、立っている時(台所での料理中)

など特に動いている時ではなく、長時間、座った後の立ち上がりなどに痛みが強いといったお話しでした。

ということで座っていると(同じ姿勢、体勢をとっているときの原因と予防法をお伝えします。

  座っていると痛い理由(同じ姿勢、体勢をとっているときの原因)

 

同じ体勢で座っていると痛みが強くなる原因についてですが…

腰痛や坐骨神経痛、股関節痛など同一姿勢で痛みが強くなる原因として、腰からの原因でいうと腰骨と腰骨を繋ぐ椎間関節というところがあります。

この椎間関節に負担が持続的に集中する時に痛みが強くなったりします。これだけが原因ではないですが、例だと思ってください。

椎間板ヘルニアの患者さんの場合、腰椎の椎間板が後方へ突出し椎間板ヘルニアが原因で、神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が強くなります。この神経は左右から椎間孔と言われる神経の出口から出てききています。その神経が出てくるところで、片方のどちらかの神経が圧迫されると、神経痛の症状が片方の足に放散(痛みやしびれが神経のライン上に出現します)します。※両側同時に坐骨神経痛が出現することはあまりありません。両側性の場合は脊柱管狭窄症を疑う必要があります。

腰椎椎間板ヘルニアも腰椎椎間関節症の腰痛も局所的な負荷や圧迫によって痛みが強くなっているのが、原因です。

座っている時や立っている時(静止)ほど局所にかかる負担が増している状態です。

ここで質問です。

実は皆さん足をそろえて(つま先の向く方向が左右同じ)座っていないですか?

左右ともにつま先の向きが一緒の方は重心の移動が小さくなり、局所へのストレスが多くなっている状態です。

バランスがとれていて、負担が少ないように思いますが、実際には局所にストレスが集中しすぎることによって負担が大きくなります。負担の少ない座り方は後程、説明いたします。

座っている状態は皆さん楽だと(腰に負担がなさそう)お思いですが?実際に座っている時に腰椎の椎間板にかかる圧力は立っている方が負担が少ないと言われています。

座っているときは立っているときに比べて負担が増しています!

ですので長時間座るのは、なるべく避けた方が良いということです。でも仕事でどうしても座らないといけない方へ負担の少ない座り方を説明いたします。いたって簡単です。

 

座っているときにつま先の向きを同じにしないように片側のつま先を外に向けると良いのです。

 たったそれだけ…たったそれだけです…(笑)

これは先ほども書きましたが、つま先をどちらかに開いてあげると、左右に重心を移動しやすくなる為、局所の負担が減ります。

 つま先が外に向けば、重心の位置も開いた側へ移動(これは体の構造によるもので、運動連鎖によって起こります)しやすくなります。そうすることにより1か所に負担が集中することを防げますし、痛みも出にくくなると考えています。開いたつま先を左右に繰り返し変えることにより長時間の持続姿勢も取りやすくなると思います。

 参考になったでしょうか?

 もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください。

私が治療に用いている施術法はこの疾患に対しての相性が良いです!