股関節、鼠径部に痛みが出る原因

 

まず鼠径部(そけいぶ)とは皆さんが立った状態で股関節(もも上げ)を曲げた時にそのちょうど付け根に当たるところです。

ビートたけしが昔にコマネチという一発芸をしていた、その部分(内側側)が鼠径部になります。

   「コマネチ たけし」の画像検索結果

 

 

 

この部分に痛みや違和感を感じる場合、考えられる原因として

・腰椎と関係で痛みがある場合

・股関節の変形や感染症による場合

・内科疾患による場合

 

殆どの場合、腰からきている股関節症が多いと思います。股関節の変形からくる症状は女性の方が多く、先天的要因でなる場合が多く、後天的に過負荷がかからない限り、自然に変形してくることはあまりないと考えています。

 

先天的な要因として出産時に股関節を脱臼して生まれてきた。などの要因や生まれつき股関節の受けが浅い臼蓋形成不全が原因で30代を過ぎた辺りから変形が徐々に進むような疾患があります。

 

小児の疾患で風邪を引いた後に感染症から股関節に炎症が起こり鼠径部痛がおこる単純性股関節炎という疾患があります。この場合、股関節に症状が出現する場合とに出現する場合とがあります。

経験上、鼠径部、股関節周囲に出現する痛みは腰椎椎間板ヘルニアに伴う神経圧迫が要因にあります。

 

腰痛の方で股関節周囲に痛みを訴えることが多い要因について

 

この要因として坐骨神経痛が原因であったり、腰痛の方で腰に痛みがあると、その周囲の関節(股関節・膝)に負担を分散させようと股関節に過剰な負担(動き)がかかり鼠径部痛、臀部痛の原因になると考えています。

 

女性に多い股関節の変形性からくる問題は意外と少ないのかなと思います。

どちらにしても変形があるか否かはレントゲン検査しかありませんので、痛みや違和感が続くは場合、一度レントゲンを撮っていただく方がよいかと思います。

 

当院は病院と提携していますので、安心して治療を受けていただけます。

 

数少ない症例ですが、女性の場合ですと卵巣嚢腫が原因で痛みが続く場合があります。

いつまでたっても治らない場合は一度、専門医へ受診されることをお勧めします。

 

もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください。

 

私が治療に用いている施術法は股関節疾患に対しての相性が良いと思います!