「腰椎椎間板ヘル...」の画像検索結果

腰椎椎間板ヘルニアは圧迫が治らないと痛みは治らないの?

 

この問題は非常に厄介です…

 

なんでかと申しますと、治るか治らないかは人それぞれなので、治る人は痛みが軽減し治らない人は変化が無いといった感じです。

以上というと怒られそうなので (-_-;) …

 

実際に手術をした患者さんからの話で、手術をしても痛みがの変化があまりない、全く変わらないという話はよく聞きます。

坐骨神経痛よりもっと厄介なのが、腰部脊柱管狭窄症の患者さんです。

この症状で手術をしてもあまり変化が無い、ということはよく聞きます。

 

ただ手術は成功しても痛みが軽減していない患者さんの坐骨神経痛は、当院の施術で症状が軽減することが多いように思います。

 

ということは痛みの原因は神経の圧迫だけではないようですね…

 

 手術したのに痛みが無くならないの?

  とお思いになった方へその理由として

 

椎間板ヘルニアはヘルニアが原因で神経が圧迫をうけますが、その神経圧迫部位の環境変化を監視している脳(中枢)が腰椎周辺の負担を感じ取っている限り痛みと認識するようです。

 

ではその判断材料になっているその周辺の環境を正常に近づけてあげると脳は環境変化に即応答しますので、腰椎周辺に負担が無いと判断した場合、痛みを消去または軽減させる効果があると考えています。

 

痛みがあると筋肉の緊張で患部を固めて動かなくします。これは正常な反応です。

例)足の骨折の時に痛みが無いと歩いてしまいますよね?歩くと骨折が治らないように、人間は痛みを出して患部の負担を脳へ知らせ、その情報により動かすと危険と感じた脳はその患部を守るために筋肉の緊張を固め動きにくくしてしまいます。

 

 なぜなのか?

 

簡単です。患部の安静を保ち治癒力を高める為です!

「患部の安静 骨...」の画像検索結果

 

 

ただ手術でもう神経圧迫が無くなっているのにまだ中枢では手術前と同じ状態と認識しているので痛みとして患部に筋肉の緊張を強くして動きを固めています。

ただ関節というのは正常な場合、なるべくスムーズに動くようにできています。でも痛みの為、筋緊張が強ければ正常な関節運動ができなくなり関節どおしが、ぶつかり軟骨(関節変形)が減っていってしまいます。

 

例)皆さんも緊張した時って関節がうまいこと動いてくれませんよね?

 

痛みは脳が作りだしたイメージですし、筋緊張で動きを固めているのも脳からの指令です。

ということは治療も中枢(脳)へアプローチしてあげなければ症状も中々軽減しないということです。

 

マッサージやストレッチは脊髄反射を主に利用しておりますので、痛みを一時的にしか良くできないのです。絶対ではありませんが…

 

 反射とは

反射は感覚受容器から求心性神経によって伝えられた刺激が、意思とは無関係に中枢神経のある部分で切り替えられて、遠心性神経に伝達され、効果期に反応を表す現象です。

 

 反射弓とは

反射活動が起こるのは次の5つの要素が必要です。
受容器(筋肉から伸びたという情報)→求心性ニューロン→介在ニューロン→遠心性ニューロン→効果器(筋肉を動かす)

 

最後に

 

簡単にお伝えすると手術して治るか治らないかは腰椎周辺の環境変化を脳がどれだけ認識(「もう患部の負担が無いよ」と思っているか?)したかによるようです。

 

ただ長年重度に神経が圧迫をうけている場合は神経自体が変性していますので、痺れが残存したり、力が入りにくい、感覚が無いなどの症状に変化が無いかもしれません。

 

ただ先ほどもお伝えしましたが、当院の施術により手術前に変化がなかった重度のかたでも手術後に痛みが軽減することがただあります!

 

 

もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください。

 

私が治療に用いている施術法はこの疾患に対しての相性が良いと思います!