「坐骨神経痛」の画像検索結果

腰痛がない?坐骨神経痛について

 

腰痛がない坐骨神経痛なんてあるのって思っている方、多いと思います。

 私は数年前まで病院勤務しておりました。その中で腰椎椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛の患者さんを数多く見てきました。

 その中には腰痛が無いがお尻が痛い、足のくるぶしが痛い、太ももの後ろが痛い、足裏が痛いなど様々な患者さんが結構おられました。

 

まず坐骨神経痛とは

腰の構造の説明から簡単に、腰椎と腰椎の間にあるクッション材が椎間板です。この椎間板にストレスがかかり過ぎると、この椎間板の中にある髄核というビー玉状の異物が外に飛び出てきます。末梢神経といわれる脊髄から枝分かれした神経が腰と腰の間(椎間孔)から出てきます。この神経が出てきた場所に椎間板から飛び出てきた髄核が神経を圧迫した状態を椎間板ヘルニアと言います。

 この神経のどの部分を圧迫されたかによって痛みの場所が変化します。

例)神経の圧迫場所が少し横にズレるとお尻が痛い、もう少し横にずれると太ももなど痛いなど、圧迫される場所によって痛みが変化するという感じですね。

 腰に痛みが無い場合、たまたま腰に痛みの出る部位の神経圧迫が逃れているだけで、その他の場所に痛みが放散することになるので、腰が痛くなくても足やお尻のみの痛みだけ症状を訴える場合もあります。ですが、ただ単に圧迫を受けただけではヘルニアのような痛みの症状はでないようです。

痛みが出るヘルニアは椎間板が神経を圧迫し、神経が損傷をうけると炎症症状が誘発されます。この炎症症状があれば坐骨神経痛が出ると言われています。ただの圧迫のみでは痺れがあっても、痛みが出ないということになります。

 

椎間板ヘルニアの治療は

上記にも書いたように、その原因になってる場所の炎症や腰椎の負担を取り除くことによって症状が改善していきます。

当院はとても優しい治療法で、過敏になった坐骨神経痛を軽減させる手技療法をとっています。神経痛に対して相性の良い施術ともいえます。

 

もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください。

私が用いる施術法は、この疾患との相性が非常に良いと感じています