• 長引く腰痛の原因は脳にあった?!

    慢性腰痛とは

    そもそも腰痛の大きな原因となりうるのは骨と筋肉の異常が多いです。筋肉が凝ったり、腰椎の椎間板の突出で神経を障ることで起こったりします。


    しかし検査などで欲しいに異常が見つからない。なのに腰痛が3ヶ月以上続く。この状態になると慢性腰痛と診断されます。

    DLPFC(背外側前頭前野)とは?


    慢性腰痛のある方は脳の『ある場所』に共通した異変があることがわかりました。


    そのある場所とはDLPFC(背外側前頭前野)です。慢性腰痛の方はDLPFC(背外側前頭前野)の体積が極端に減り、活動が衰えていることがわかったのです。


    この傾向は慢性腰痛が長く続いている方や痛みが強い方に顕著にみられるそうです。

    痛みってなに?なぜ痛いと感じる?

    そもそも『痛み』というのは、筋肉の炎症や骨の異常を神経が感じ取り、神経を通って脳に伝えられます。


    すると、脳の神経回路が興奮し『痛みの回路』が作られます。人はここで初めて痛みを感じるのです。

  • DLPFC(背外側前頭前野)の働き

    筋肉の炎症や骨の異常がなくなっても、すぐに脳の痛みの回路が消滅するわけではありません。


    しばらく痛みの回路は脳内に存在しています。ここでDLPFC(背外側前頭前野)が働きます。


    DLPFC(背外側前頭前野)は脳の『興奮』を鎮める指令を出し、痛みの回路を収めるのです。

    DLPFC(背外側前頭前野)と慢性腰痛の関係


    DLPFC(背外側前頭前野)は痛みの回路を収める働きがあるのですが、DLPFC(背外側前頭前野)の働きが弱くなると、痛みの回路を収めることができなくなります。


    すると、痛みの元であった筋肉の炎症や骨の異常がなくなっても、脳の痛みの回路が消えず痛みを感じ続けるのです。


    これら慢性腰痛の原因です。何って感じだと思います(^^;)
    当院でも良く聞かれるのが、「でも先生動くと痛いです」とよく聞かれますが、逆に脳が痛いと感じているわけですから、考え方を変えると実際の腰には痛みになるようなストレスはないということです。でも過去の記憶をもとに痛みと感じているだけなのかもしれません(^^;)なので動いても痛くないよってことを脳に記憶させることが大事になるようです。

  • こんなの書いてしまうと当院に来なくなるかもせれませんね(^^;)ただそれでも残った痛みの原因は腰に残っているかもしれません(過去の原因)ので、治療により改善することができます。

    慢性痛に悩んでいる方はDLPFC(背外側前頭前野)の機能低下を疑ってみても良いかもしれません。

  • DLPFC(背外側前頭前野)が低下する原因


    DLPFC(背外側前頭前野)が低下する原因は強い恐怖と言われています。


    強い恐怖心を感じその状態が続くと、DLPFC(背外側前頭前野)の神経細胞が疲労します。


    するとDLPFC(背外側前頭前野)の『痛みの回路を鎮める』という働きも弱くなるのです。

  • DLPFC(背外側前頭前野)の働きを回復させる方法


    DLPFC(背外側前頭前野)の働きが低下するのは強い恐怖があるからです。そうであるなら、強い恐怖をなくせばDLPFC(背外側前頭前野)は回復します。


    ここでは慢性腰痛を治すためにDLPFC(背外側前頭前野)の働きを回復する方法を紹介します。

    DLPFC(背外側前頭前野)の回復方法その一

    腰痛は治る!という専門家の解説映像を繰り返し見ることで、「腰痛は怖くないんだ!腰痛は治るんだ!」という記憶が脳に定着し、DLPFC(背外側前頭前野)の働きが回復します。

    DLPFC(背外側前頭前野)の回復方法その二

    専門家の監督のもと腰をそらす姿勢をとることで、「腰痛になる姿勢をとっても痛くないんだ!」と体に覚え込ませます。


    これらの方法は恐怖という記憶を減らす(改善する)方法で、その一の方法は認知の改善で、その二の方法は行動による恐怖の改善に焦点を当てています。



    最近万世腰痛に対する治療としていま注目されているのが、専門家によるサポートのもとで心理療法を受ける「認知行動療法」です。


    オーストラリアの病院では、薬や手術でも効果が得られない重度の患者に対し、3週間にわたって1日8時間カウンセリングと運動を繰り返すという徹底的な認知行動療法を行い、大きな成果をあげています。


    日本でも3年前、腰痛治療の指針となるガイドラインで、認知行動療法は行うことを強く推奨できる。「グレードA」に位置付けられました。(慢性腰痛の場合)

     

            まとめ

     

    慢性痛(痛み)とは脳が作り上げた意識の一つです。痛みとはケガにともなってでる炎症性物質や力学的に関節の負担となるものを受容器というセンサーで受け取って、神経を伝わって中枢(脳)に来て初めて「痛い」と感じているだけです。

    その判断材料に末梢からの情報が利用させている。ある閾値(限度)を超えると痛みと認識しているだけのようです。

     

    以上のことで分からないことご相談がある方、お気軽にお電話してくださいね!

    どこに行っていいかわからない方、などもふじもと整骨院にご相談ください!

         TEL078-907-6564