寝違いとは?

「寝違い」の画像検索結果

 

まず寝違いという疾患名はありませんので、正式には「急性頸椎捻挫」の一つであると考えられます。

症状として

当事者が自覚するこ発生機転(自覚するきっかけがない)が存在しないことが多いいように感じます。

起床時に首周辺に痛みがあり、首が回りにくい、ひどい場合は全く首を回せないなど症状がはっきりしています。

 

発症は寝ているときであると考えられます。

まず痛みが強くでる原因として寝ているときの姿勢により頸椎に負荷がかかり、それによる炎症の痛み、首周囲の筋肉のこわばりから起こる血行不良などが原因と考えられます。

炎症反応は組織損傷に伴い、炎症周囲の痛みを伝える神経に作用し、炎症を強くしたり神経を過敏にします。炎症が強ければ強いほど痛みを伝える神経を過敏にし痛みを強く感じるようになります。

過敏というのは本来、負担と感じない程度の刺激に対して過敏に反応するということです。

 

では本当の寝違いの原因とは何なのか?

仮説ではありますが、この答えが妥当かと考えています。

 

一つ目は

寝ている時というのは副交感神経が作用していますので、筋肉も極限にリラックスした状態です。逆に言えば無防備な状態でもあります。

本来起きている時にはある程度の筋肉の緊張が存在し姿勢や何らかの刺激に対してすぐに反応できる状態を作っています。戦闘態勢になると交感神経が優位になり筋緊張を敏感にし、いつでも動ける状態を作ってくれています。

でも寝ているときは無防備な状態です。その無防備な時に無理な体勢(首を横に傾けている、うつ伏せで首をどちらかに回して寝ているなど)で寝ていることが原因と思われます。普段なら(起きている時なら)何でもない少しの体勢変化(首の向き)で負担になってしまうことが考えられます。

 

二つ目は

 寝ている時というのは記憶の整理をしている時と言われています。腕や足を動かしているのは中枢(脳)」です。スポーツなど運動のように日々学習、経験することでスキルをUPさせています。

その記憶が朝起きた時の筋肉の活動に影響を与え首の力学的負担を増大させている可能性があるということです。

  寝ているときの記憶が影響するなんて…

  そんな声が聞こえてきそうです。

「脳」の画像検索結果

 

 

では治療はどうすればよいのでしょうか?

 

痛みの原因になっているのは主に炎症症状ですので、炎症を軽減させるようにすればよいということです。

 

当院の治療も炎症を抑えることを目的として頸部(首)、肩甲骨周辺の血流を改善させることを目的に施術を行います。

但し患部(首)は少しの負担も痛みになってしまうため首に極力負担をかけないように施術を行います。

どうするかと言いますと、手や肘をゆっくり穏やかに動かすだけです。

 

実は手や肘というのは肩甲骨の動きと連動し密接にかかわっています。

皆さんも手を上げたり背中に回したりする動作で、肘や肩甲骨が一緒に動いているのが分かると思います。 手を上げたりするときに肩関節の動きが悪い人は分かると思いますが、肩の動きをカバーするために肩甲骨を動かし過ぎたり、首の僧帽筋と言われる筋肉を過剰に使って何とか手を上げようと頑張っています。

これは目標を達成(手を頭より高い位置に挙げるなど)させるために脳が今の関節の動きなどを分析し、今ある関節の動きで何とかその目標を達成するために頑張ってくれている結果の代償動作です。

 

では治療について

先ほどもお伝えしたように、手や肘を動かすことにより肩甲骨周辺の血流が改善され、炎症物質が流されることにより症状が軽減します。肩甲骨と頸部(首)も動きも連動しているので、肩甲骨の動きが良くなると頸部への血流もよくなり痛みが軽減していくと考えています。

 

ただたんに動かしているだけではありません。当院独自の施術法は脳に情報を送る神経活動の働きを調整する極めて繊細な手技療法のため見た目以上に精神を集中して治療をしています。

治療中に無言になるのは、それだけ精神を集中しないとできない施術法ということです。

人見知りは人見知りですが、機嫌が悪いわけではありません…(笑)

 

寝違いというのは一回で良くし過ぎると、その後悪化する可能性があるため、数回に分けて治療を行い徐々に動きを改善させていきます。

そのため初回はあまり変化が無い場合もあります。

数回に分ける理由として、炎症期の神経が過敏な時に動きをよくしてしまうと患部にかかる負担を急激に増やしてしまい痛みが強くなってしまう場合があります。

ある程度、患部の炎症症状が引いてから動きを良くする方が経過がよいと経験から判断しています。

 もしどこに行っても良くならない方、症状に対しての質問などメールや電話でお気軽にお問い合わせください。

 

私が治療に用いている施術法はこの寝違いに対しての相性が良いと思います!