オスグット・シュラッテル病(成長痛)の原因と治療法について

この疾患は主に中学生に起こりやす膝の成長痛と言われています。

原因としては、成長期の短期でおこる身長変化に伴う、筋肉の柔軟性の低下。筋力不足やストレッチ不足による柔軟性の低下。成長期に骨への弱い部分にかかるストレス。など色々言われています。

この筋肉から骨に付着する部分(脛骨粗面)に炎症がおこり痛みが出るということです。

安静にすれば、良くなりますが、また再発します。その繰り返しにより、脛骨粗面が隆起(膝下にコブができる)してしまい、一生残ります…成長期が終われば痛みはなくなります。

これはあくまで一般論です。

次にふじもと整骨院の考え方として、この疾患が、なぜ成長痛で終わらされているのかです…整形外科に行くと成長期だから痛みが引くまで安静にするように言われる。

トレーナーには筋力不足、ウオームアップ不足、柔軟性が原因と言われる…

成長期が終われば痛みが無くなるからそれまでは辛抱しなさい…

成長期が原因なら、同じスポーツで同じように身長が過剰に伸びている全員に同じ症状が出てもおかしくないですよね?たまたま、なんでしょうか?でもごく少数の人にしかならないのは何故なんでしょうか?確かに成長期で筋肉から骨への付着する弱い部分へのストレスはあると思います。

では本当の原因とは

走っていても、立っていても地球上には重力があります。走るときには地面との摩擦力、慣性力や自身の筋肉を使っての関節運動によって、常に関節にはある程度の負担がかかっています。脳が負担がかかり過ぎないように常に調整してくれるおかげで、関節を痛めなくてすんでいます。

動きに対しての調整が上手くいっている場合、関節に掛かる負担は軽減しますが、調整が上手くいかない場合、多くは、その人の意識による動きが優先してしまって、無意識の調整を邪魔した場合です。例えば、走る場合で、速く走ろうとする意識から、「強く蹴って走ろう!」、「上体をもっと前に倒して走ろう!」など意識した部分の動きが強く出てしまったために、起こる関節への負担です。これは本人が気付かない場合は主動きの癖が原因です!

動きの癖は、ある程度、無意識に繰り返すことが多く、その動きが切っ掛けで関節にかかる負担を増やしたり減らしたりします。減らすことができれば、関節に負担がかかりませんので痛みも出ません。

負担が増える動きであれば痛みが出るということです。

オスグット病で主に負担になってるのが、太もも前(大腿四頭筋)の筋肉の過剰な緊張がオスグット病の原因と言えます。

よく言われる柔軟性が無いとか、筋力が無いのが原因ではありません!

その原因は主に走り方がにあります!

オスグット病になっている患者さんは、ある特定の動きをしている場合があります。その動きをなぜしているのか?は本人に聞くと分かる場合があります。それはある特定の意識(速く走るための意識)を持って走っている場合が良くあります。この辺りは個人差があり、一概に言えませんので、実際に走っている動作を分析すれば、大体の原因を予想することができます。

予想することができれば、後は改善するためのアドバイスをすれば、治療をしなくても良くなる場合もあります。

もちろん治療も並行して行えば回復力も上がり、早期復帰を目指すことができます。

ただ脛骨粗面の炎症が強く、しゃがめない、正座できない、歩いていても痛みがある場合は、骨への負担、炎症反応が進行している状態ですので、安静も必要になります。回復出来る時間を上げる方が良いでしょう!

当院の施術法は、このオスグット病との相性が良いと感じています!この疾患で、どこに行っても治らない…2週間以上通院して治療をしても変化が無い場合は、他の治療院を探していただくか、専門の整形外科で診て頂くようにしてくださいね。

当院はこの疾患の施術には自信をもって対応しています。

ふじもと整骨院ならお役に立てると思いますので、お悩みの方はお気軽にご相談くださいね。(^^)/