抗うつ薬が痛みの治療薬として用いられているの知っていましたか?その端

神戸市北区近傍の西宮市山口町にある、ふじもと整骨院より、より良い情報を発信しようと思います。

回は抗うつ薬と鎮痛効果についてです。

うつ(鬱)のある患者さんに本来、処方されるお薬ですが、慢性的に痛みがある、強い痛みが続く、線維筋痛症など痛みが中枢として主に原因がある場合に処方されます。

効果は個々の患者さんにもよるそうですが、痛みが激減する患者さんもおられるようです。

この抗うつ薬の効果は、脳内での伝達物質(神経と神経との情報交換時に必要とされる物質)の中でセロトニン、ノルアドレナリンに対して分泌した後の取り込みを阻害するようなお薬です。簡単に言うと情報交換するために必要な伝達物質がうつ症状などにより分泌量が減り情報の伝達や抑制などのバランスが取れないような状態になってしまいます。

この抗うつ薬が鎮痛効果がある理由として、ノルアドレナリンやセロトニンという物質が痛みを抑える作用もあるということなんです。この話は難しくなるので、簡単に説明いたします。痛みの意識は、本来、脳の中枢で意識にのぼることにより痛みとして認識しています。意識にのぼらなければ痛みを感じないということです。この痛みの情報が中枢へ伝達されるのは、末梢神経と言われる脊髄からの枝分かれした神経からで。この神経の伝達は中枢へ行くまでに何度か中継(電車の路線でいうと乗り換えみたいなものです)してから情報が脳へ送られます。

この途中では、痛みの信号が脳へ行かないようにする仕組みのあります。この役割がノルアドレナリンとセロトニンの役割です。例えになりますが、この伝達物質が末梢神経から脊髄へ伝達される(乗り換え)ときに、痛みの信号が中枢へ行かないように脳(中枢)から抑制がかけられています。必要以上に中枢へ、痛いという信号が行きにくくなるおかげで、痛みを強く感じなくてすみます。

痛みが長期に続く場合、痛みを抑える作用のバランスも悪くなっている場合があり、その時に、この抗うつ薬を飲むと劇的に痛みが軽減していくということです。

鬱になると、どうしても不安感など気持ちの面でもネガィティブになり、痛みに対しての不快感も強まるため脳の抑制や興奮作用とのバランスが悪くなるようです。

どうですか?少しでも参考になったでしょうか?

ふじもと整骨院の施術法は、腰痛や坐骨神経痛などの痛みに対して、中枢へ作用させる大変特殊な施術法です。

どこに行っても治らないと諦めている方、お気軽にお電話でご相談してくださいね