牽引をして腰痛や坐骨神経痛が悪化する原因について

西宮市山口町にある、ふじもと整骨院のブログを見ていただきありがとうございます。

今回は牽引後の悪化についてお話しします。

私も以前に病院のリハビリのスタッフとして勤務しておりました。腰痛の患者さんでは必ずと言ってよいほど、牽引のオーダーが回ってきます。急性腰痛でヤバいんじゃないかなと思う患者さんへのオーダーも良くあります。やはり牽引後に悪化します… 私は、リハビリ勤務中から牽引治療について疑問に思っていました。

病院の先生(医師)ができることは薬の処方(主に筋弛緩薬や消炎鎮痛剤など)、リハビリへのオーダー、手術です。自分たちが病院で出来ることはリハビリーオーダーに合わせた治療のみです。

話が脱線しましたので、原因についてお話しします。

牽引はなぜ今でも病院などで行われているのか?

 

牽引をする理由の根拠として、いくつか挙げられています。

1、腰椎と腰椎の間にある椎間板が潰れてきている。

2、椎間板ヘルニアが神経を圧迫している。

3、腰部や頸部に過剰な筋肉の緊張がある

上記の理由から牽引(免荷処置)をして椎間板の負担をとる、筋肉の過剰な緊張をとることが目的とされています。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)のように、痛みの強い時期、椎間板ヘルニアに牽引は効果があるのか?

効果があるかは、医師の学会でも、いまだに見解がわかれています…上記の症状でも牽引後に痛みが軽減する方、痺れや痛みが取れる方もおられますので、効果が全然ないとは言えません。やった方が良いかについては、牽引をやって痛くなければ続けてみる、痛ければ止めた方がよいとしかいえません…

 

当院考え

牽引はしない方が、よいと考える理由は

急性腰痛の場合で考えてみます。急性腰痛(ぎっくり腰)とは最近、同じ内容でブログを書いていますので、そちらを参考にしてくださいね。

急性腰痛症の場合、簡単にご説明します。

1、患部の軟部組織の損傷、それに伴った炎症反応。

2、痛みが意識に登るために中枢から筋肉への過剰な緊張(防御反射)が起こる。

3、痛みに伴って痛みの伝達が過敏になる(中枢性痛覚過敏)

以上の事から牽引により、怪我をした部分にストレスがかかるので、回復力が落ちる…筋肉が緊張して伸ばされるのが嫌な状態なのにけん引力で伸ばされ逆に緊張が強まる…神経が過敏になっているため、ちょっとした力や伸ばされる力に敏感に反応し、筋肉の緊張を強め痛みを増強させる!

 

椎間板ヘルニアの場合

1、椎間板が神経を圧迫している。

2、圧迫によって炎症反応が起こっている?

3、炎症反応や神経の圧迫や牽引力などが作用し神経過敏になっている(中枢性、末梢性痛覚過敏)

以上の理由から牽引により急性腰痛とほぼ同じ理由で、痛みを増悪させる危険性があります。

当院の施術は、上記の状態を考慮して、患部に極力負担を感じさせないように施術をしています。施術中に悪化することは99%ありません。1%は中枢性(脳)が何らかの問題で痛みが増悪する方、線維筋痛症や幻肢痛、など痛みの抑制が中枢で利かなくなっている場合は悪化する場合があります。

参考になったでしょうか?

もし急性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になった場合は西宮市、ふじもと整骨院へ