腰椎椎間板ヘルニアが原因で発症する坐骨神経痛について

今回は坐骨神経痛が発症する原因を考えていきたいと思います。今回は基礎的なお話しです。

まず、坐骨神経について簡単にご説明すると、腰(腰椎)の骨と骨を繋ぐクッション材が椎間板です。脊髄神経は脳から生えたような、木で言う「幹」の部分になります。そこから末梢神経と言われる根っこが手や足へ枝分かれしていきます。腰椎(腰)の後ろには脊髄神経が通っています。この脊髄神経(神経細胞が密集してしる場所)から枝分かれしたものが、末梢神経(電線みたいなものです)です。末梢神経の束がお尻を通って片側の太もも裏を通りながら足先まで行く、この神経が坐骨神経です。指一本分ぐらいの太さがあるようです。

この末梢神経(坐骨神経)が腰椎から出ていく出口(椎間孔)の場所で、椎間板ヘルニアによって圧迫をうけた状態が椎間板ヘルニアです。

坐骨神経痛は、この腰椎から出た神経の束です。この束がどこかで圧迫をうけた状態になると痺れや筋力低下、感覚障害が起こります。どこが痺れるか?どこの筋肉の筋力低下が起こるかは神経の圧迫した場所によって変化していきます。

坐骨神経痛は坐骨神経のライン上に現れる神経痛です。この坐骨神経痛は、ただ圧迫を受けただけでは痺れが出現しても痛みは出ないようです。この圧迫をうけた状態から炎症反応神経線維の変化(神経を伝える部分に新たな受容体が作られる)があらわれたりすると、痛みが発症するようです。

中枢性痛覚過敏症という症状からも痛みが強く出現する場合があります。これは痛みを伝える神経に何らかしろ連続的に、痛みの信号が中枢へ伝えられると痛みの感覚自体が増す現象です。主に脊髄や視床などで起こる中枢性痛覚過敏です。この場合はちょっとした負担や刺激を痛みとして中枢(脳)へ伝えてしまう?伝えられるために痛みが増強する現象です。こうなってしまっては痛み止めも基本的に効きにくくなります…

頭痛などで、お薬を飲まれる場合、痛みが出だしてから飲むと全く効かなくなるような感じです。この場合、前もって鎮痛剤を飲んでいると痛みが出現しにくくなります。

このように神経自体が過敏になったり、炎症がともなったり、神経線維の細胞膜に新たな受容体が出現するなどして痛みが増強します。

正座をしたときに足が痺れるなどはあっても、痛みは出ないと思います。ただたんに圧迫をうけている場合は痺れだけが出現するということです。

当院の施術法は、この坐骨神経痛との相性が非常に良いのですが、痛みがとれても痺れだけが残る患者さんがいるのはこういった理由からです。神経の圧迫がとれなければ(椎間板ヘルニアを除去しない限り)痺れは残ります。

当院の患者さんにも同じような説明をさせて頂いています。

何か神経痛でお困りのかた、西宮市山口町のふじもと整骨院へご相談ください。