坐骨神経痛の痛みが取れても腰椎椎間板ヘルニアの圧迫はそのまま?

今回は実際に患者さんからのご質問で、「坐骨神経痛の症状が良くなったのですが、今後、痛みの再発とかはあるのでしょうか?腰椎椎間板ヘルニアの状態はどうなんでしょうか?」という内容でした。

椎間板ヘルニア再発に関して

当院の施術もそうですが、どんな施術や治療法も椎間板ヘルニアが出ているものを引っ込めるわけではありませ痛みが取れたからと言って、椎間板ヘルニアが正常な状態になっているわけではないのです!

ではどうすれはヘルニアが治るのか?

1、椎間板ヘルニアを治す方法は手術により椎間板ヘルニアを除去する方法。

2、椎間板ヘルニアの自然消失を待つ方法

2、についてもう少し詳しく、ご説明いたします。椎間板ヘルニアのタイプによって自然消失するかが変わります。専門的なお話になりますが、少し頑張って読んでください。

椎間板ヘルニアの基礎知識

椎間板ヘルニアとは椎体(腰骨)と椎体(腰骨)との間にクッションのようなものを椎間板といいます。この椎間板の中には髄核と言われるビー玉状の塊が入っています。この髄核が後方や側方へ飛び出し神経を圧迫した状態が椎間板ヘルニアです。

タイプ別には以下

ヘルニアが後方へ膨隆してるが後縦靭帯を破っていないのが膨隆型、破っているのもを脱出型、完全に脱出しているものを遊離型と言います。

椎間板ヘルニアが自然消滅するタイプは上記の脱出型遊離型になります。

なぜ無くなるのか?

上記の椎間板ヘルニアの状態は完全にもしくはある程度、飛び出ている状態ですので、この飛び出た部分を異物と勘違いして免疫細胞が貪食(食べてしまう)してしまうと言われてます。膨隆型は出ているのか、出ていないのかが分からないため、貪食されないようです。この脱出したところには異物と勘違いして新生血管も増殖しますので、要らない神経も増えるのではないかと思います。椎間板ヘルニアの周りに血管や神経が増えれば痛みを伝える感覚や炎症反応を助長するために、神経痛の痛みが強くでるのではないかと思います。

上記の事から痛みが取れるためには、要らない神経や血管が減ること、中枢で患部周辺の環境が正常と判断されれば痛みが消失するのではないかと思います。

当院の施術は坐骨神経痛の症状に対しての相性が非常に良いと感じています。その理由は患部に極力負担にならないように、患者さんの腰周辺の筋緊張を正常に戻している(調整)からではないかと思っています。

ただ痛みが消えてもヘルニアが治っているわけではありませんので、腰に負担の掛かる生活を続ければ再発する可能性が出てきます!

薬や施術で痛みが軽減した後は極力、腰に負担のかからない生活をしてくださいね!

日常生活での腰痛予防などは、当院の症例解説を見ていただければ、ある程度は防げると思います。