変形性膝関節症、股関節症は初期の治療が大事!

西宮市山口町のふじもと整骨院のフジモトと申します。今回は変形疾患の初期治療の重要性について書きたいと思います。

変形疾患はある程度、年齢とともに進行していきます。関節面同士には摩擦などを軽減するために関節軟骨という組織できています。アイススケートリンクの氷の上のような感じですね。この軟骨は医学には再生はあまり考えにくいと言われています。ジグリング効果(詳しくは「ジグリング、変形性股関節症」で検索して見てください)で股関節の軟骨が再生したという記事もありますが、これも変形しているかた、全員に再生が起こるかは分かりません。ジグリング効果、貧乏ゆすりなどで、なぜ再生するのかは分かっていないようです?

初期の変性疾患なら予防はできますが、進行して関節面同士がぶつかりあうほどに擦り減ってしまうと、どうしようもありません…最終的には人工関節の手術を受けなければ生活の質が落ちてしまいます。

手術も考えた方が良い?

これは自分の考えですが、人工関節の手術をした方が良いと考えるのは、痛みの強さ、生活の質、他の関節への負担が増え、股関節だけでなく近接関節(膝や足首)までもが変形してしまう…生活の質は痛みで歩けない、外へ出るのが嫌になってきた…など日常生活に不便をきたすようであれば、考えた方が良いでしょう。IPS細胞などの再生医療が進んでいますので、もしかすると擦り減った軟骨も再生できる時代が来るかもしれませんが、まだまだ先でしょう!

やはり初期段階での治療が一番大切です!

股関節の痛みはかなりの負担が集中した場合など、ある程度進行しないと症状がでないようです。

症状がでないので厄介ですね…初期症状としては違和感や股関節が曲げずらくなった、動きが悪くなったような気がする程度で、中々はっきりする症状がでないようです。この段階で専門の医療機関などで診てもらい初期変形と言われた場合も予防しかありません。

では予防はどうすればよいのか?

1.関節に負担がかからないように股関節周囲のストレッチを定期的に行う。

2.スポーツや運動などをする場合は、運動している時に違和感や疲労感を感じたら休憩する。

3.無理なストレッチや患部を押したり、揉んだりする施術、治療は受けないようにする。

 

1でお伝えしたストレッチをするとよい理由として、痛みや違和感がある場合、患部に負担がかからないように中枢(脳)が動きに対して拒絶をつくりだします。拒絶とは過剰な筋緊張です。中枢は筋緊張を増すことで患部を保護しようとします。その過剰な保護が関節の動きを制限し、動きを悪くします。動きが悪い状態で歩行を続けると関節面への圧力が通常よりはるかに増え関節への負担を増大させます。この過剰になった患部周辺のストレッチをすることで、関節への負担を軽減させることができます。

2の疲労感や痛みがあるなかで運動を続けると、運動制御が上手くいかなくなり(ミスが多くなる)患部への負担が増え変形を助長させます。

3の押したり揉んだり、無理やりなストレッチは過敏になった患部への過敏性を助長させ、痛みを増悪させ変形を助長させる場合があります。すべての手技を否定するわけではありません、マッサージをすることで筋肉への循環が良くなり筋緊張を軽減できる場合もあります。ようはやり方ですね!治療者側がちゃんと理解して、適切な施術をしているのかがポイントになります。なので押したり揉んだりが悪いわけではありません。ただ痛みの強い時期は神経性痛覚過敏などの症状があるためにちょっとした刺激が痛みを助長させる場合があるということです。

この3つのポイントを押さえていただいて、適切な治療を受けていただけると、変形はある程度助長させずに上手くいけば生涯手術を受けなくても良いかもしれません。(^^)/

まずは股関節に違和感、しゃがむと詰まり感を感じる、片方だけ異状に動きが悪くなってきた場合は、専門の医療機関へ受診してくださいね。

次回はストレッチのやり方を書きたいと思います。

何か困ったことがあれば、お気軽に電話やメールでご相談くださいね!