頭痛や首が痛いと思ってカイロプラクティックや矯正治療をうけて椎骨動脈が損傷する恐れについて

神戸市北区有馬、西宮市名塩周辺で首や腕の神経痛にお悩みの方へ、今回は矯正治療の危険性を書きたいと思います。

先日の世界仰天ニュースという番組の内容になります。詳しくは「世界仰天ニュース、美人トップモデル、カイロプラクティック)で検索して見てください。

簡単な内容説明いたしますと、海外でトップモデルとして活躍していた女性が写真撮影のために、頭部、頸椎(首)を捻ったり反らしたりしていうるうちに首が痛くなり、マネージャーの勧めでカイロプラクティックを受診、頸椎に歪みがあるからと捻るような矯正治療を受けたそうです。その次の日も同じように治療を受けていたが悪化、頭痛も併発するようになったが、次の日も矯正治療を受けたのが最悪な事態に矯正後、家に帰って症状が悪化、手も痺れ、ろれつが回らなくなり、救急病院で治療を受けたが植物状態で亡くなったそうです。

本当にまれなケースらしいですが、施術後に症状が悪化する場合、頭痛やふらつきなどが伴う場合は早めに医療機関を受診してくださいね。

今回の原因

原因はカイロプラクティックでの矯正治療が椎骨動脈に損傷を加え、椎骨動脈解離状態になり、その後も続けて矯正治療や牽引治療を受けたために、動脈解離から血栓が脳へ飛び脳梗塞になり植物状態になったそうです。

なぜ損傷する可能性があるのか?

頸椎の構造で椎骨と椎間板、椎骨と椎間板というように積み木上に重なっています。その椎骨の横突起の横突孔と言う部分に椎骨動脈が通っています。この頸椎の小さい穴の中を首の椎骨(C6)からC1まで脳へ向かって通っています。この頸椎の小さい穴を通るために頸椎を回旋させると椎骨動脈も一緒に捻られます。幾度も過剰に捻り過ぎる動きが加わることにより損傷する可能性があるということです。ご自身でよく首を捻って鳴らす方おられますが、とても危険な行為になっている場合がありますので、ご注意ください!

 

この椎骨動脈は脳への血流経路の一つです。この部分を損傷すると脳への血流不足などでふらつきなどの症状がでる場合があります。

首に負担をかけずに痛みや緊張を取る施術

当院の施術は捻ったり、首の細い頸椎に負担のかけるよな力をほとんど加えないように治療していきます。首を触らずに首の緊張や痛みもを取っていくことが可能な施術法ですのでとても安全です!

もしマッサージや矯正治療が苦手な方はふじもと整骨院へご相談くださいね。