西宮市、神戸市北区有馬で腰椎椎間板ヘルニアの症状で整骨院や病院選びに困っている患者さまへ、病院受診時の診療科目について

「病院」の画像検索結果

治療院、整骨院選びについて

ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰痛や神経痛などになった場合、治療院を探すときのポイント。

病院では、どの診療科目を受診すればよいのか?などお悩みの方多いと思います。

本当にこの整骨院、治療院で治るのか?など良くはならなくても悪化しないための治療院選びは大切です。

まず病院の診療科目についてのお話しですが、病気でもこの症状の場合どの診療科を受診すればよいのか悩んだことないですか?自分はあります…(-_-;)

整形疾患で分かりやすい、骨折や捻挫などは整形外科を受診されると思います。神経痛や痺れなどはどこに行けばよいのでしょうか?整形外科でも受診しても問題はありませんが、本来の診療科目は脳神経外科のようです。神経がかかわる脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、痺れ、顔面神経痛、腕神経叢の絞扼障害よる胸郭出口症候群、手根管症候群は脳神経外科を受診する方が良いようです。手術の時ももちろん脳神経外科です。精神疾患の病院ではなく脳神経外科ですので、お間違いなく。

次に治療院、整体院、整骨院の選び方ですが、ホームページやチラシなどを見て施術れると思いますが、これは施術を受けてみないと正直判断が難しいですよね…

治療院側としてはホームページや口コミサイトには良いことしか書きませんし、どんな施術なのかも分かりにくいと思います。ホームページに載せてある、患者さんの声などは実際に来院した声ですので、参考に出来るのかなと思います。

あとは実際に施術を受けてみて頂けないと分からないですし、どんなに良い治療法(ゴットハンドと言われる治療家)を受けたとしても本当に治りにくい、又は治らない症状かもしれません。例えば、腰椎椎間板ヘルニアの場合、神経圧迫が強く保存療法での限界、膝の半月板や靭帯の損傷が激しく保存では限界あります。重症度症状でも症状が軽減していく場合もありますが、これは脳が坐骨神経痛の異常な活動があっても中枢(脳)で、これくらいなら体を壊す負担になってないと判断した場合、痛みが軽減していきます。これは個人差やその時の筋肉の疲労状態、過去の経験や記憶、精神状態、運動条件によっても左右されます。

まず言えるのは身体に危険を及ぼすような強い力で、施術しない限り悪化することはあまり考えられません。御選びになるとすれば、優しい治療、少し物足りなさを感じるくらいの施術の方が痛みも軽減しやすいように思います。

当院の施術も患者さんの手・足をそっと滑らかにゆっくり動かす程度です。👆 この中にはすごく繊細な微調整が施されていますが、受けている患者さん自体は何をされているのか分からないそうです。

もしどこへ行っても治らないと諦めているのなら、当院へ一度ご相談ください。