肘の外側が痛くなるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因動作について

本日もふじもと整骨院のブログを見て頂きありがとうございます。

今回はテニス肘についてお話ししたいと思います。

テニス肘といってもテニスをしている人だけがなるわけではなく、日常生活しか使っていないのに肘のそと側を痛める主婦の方は多くおられると思います。

テニス肘は病名ではなく、たまたまテニスをしている人に多いので、病院の先生もテニス肘と言って説明します。

本当の病名は上腕骨外側上顆炎になります。腱鞘炎みたいなものですね。

 

なぜ外側が痛くなるのかは、解剖学的にお話しします。

解剖学的な話になりますが、肘の外側で一番太い所に外側上顆という突起があります。この部分には手の指や手首を背屈(手の甲の方向へ手首を曲げる)したり指を伸ばしたりする筋肉が外側上顆に付いています。ということは痛みの原因は手首や指を動かす筋肉が原因なのでは?とお気づきになった方もおられると思います。

この疾患の原因になる筋肉は短撓側手根伸筋(手首を甲の方向へ背屈する筋肉)という筋肉が腱になり骨へ付着する部分へのストレスにより腱が損傷する腱炎になります。炎症性の症状が原因ですので、対応も簡単です。

ひじの外側に痛みを作る原因動作について

先ほどもお伝えしたように手首や指を動かす筋肉が肘の外側へ付いていることを考えると手首や指の使い方が誤った使い方をすると、痛めてしまうということです。どういう時に痛めるかは、皆さんにも試していただきたいのですが、手をグーに握る動作をしたときに手首をどうなっています?ほとんどの方は背屈(手の甲へ手首が曲がる動作)していると思います。この状態が最も力が入りやすい構造特性を持っています。この状態で、物を握ったり、一番力が入る瞬間に、この手首の角度になっていれば、この腱への負担も軽減しますが、手首を誤って掌屈(手のひら側に曲げる動作)した状態で握るような動作を繰り返していると、腱炎になってしまいます。もちろんテニス肘ですのでテニスの時にも当てはまります。テニスの場合はボールを打つ瞬間に最も手首の負担が集中しますので、その手首を固定する撓側手根伸筋へのストレスは最大になります。打つ瞬間にラケットを握っている棒の中心が、前腕(手首から肘まで)の長軸方向と延長線上にあれば動作上問題ありません。

その他、体全体の使い方の手首の動きと連動していますので、その辺りの動作修正も必要になります。

まずは専門医を受診して頂き、適切な治療を受ければ5回以内には良くなると思います。5回以上施術をしても治らない場合は他の医療機関や整体、整骨院の受診をお勧めいたします。

色々な治療を受けたが治らないなどあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。