手の親指の腱鞘炎(ドケルバン病)とその原因

西宮市名塩・名来、宝塚、神戸市北区・藤原台・有野町・鈴蘭台・大池にお住まいで親指の腱鞘炎(ドケルバン病)でお悩みの方へ

私、ふじもと整骨院の院長の藤本と申します。

本日も当院のブログを読んでいただきありがとうございます。

早速ですが、腱鞘炎の原因についてお話ししたいと思います。

腱鞘炎の原因はほぼ手首や指の使い方が原因で起こります。

腱鞘炎ですので炎症が起こって痛みが出ている状態ですので、炎症を抑えるような施術をすれば改善します。ただ原因は指や手首の使い方の問題ですので、そこを治さない限り何度も再発し、最終的には治りを悪くしてしまいます。

その他の影響として使用時間や使用回数が原因になります。仕事上でどうしても指や手首を使いすぎる方は休むことを入れながら作業するしかありません。

 

ご自身で出来る腱鞘炎の予防をお伝えします。

まず指の簡単な構造を説明いたします。指は親指を除き、3つの関節で曲がるようにできています。親指だけが2つの関節で曲がります。

この一つ一つの関節が曲がる角度が重要になるのですが、腱鞘炎になる方の多くはこの関節を上手く使えずに特定の関節のみを使う癖があります。

先ほどもお伝えしたように指は3つの個所で曲がるようにできています。この3つの個所を関節を均等に曲げるように(丸い筒を掴んだような角度)して使うことと、手を握ると手首が起き上がります。この動きを背屈といいます。手首が手の甲側へ曲がる動きになります。

手の指を均等に使い、力を入れる(握る)と手首が自然に背屈していくはずです。その手首の角度で普段、指を使う癖を付けて頂くと、腱鞘炎の予防になります。

リハビリとして、家にある胡麻すりの棒などを使い、指の関節全体で握る練習をしてみてください。

どうしても治らない、どこへ行っても(病院、整体、整骨院、鍼灸院)シップやマッサージなどで症状が改善しないなどあれば、当院へお越しください。又はご相談くださいね(^^)/

今回の説明で分かりにくいことがあればコメントしてくださいね。