肩甲骨の内側や腕、手の痺れ痛みの原因について

西宮市山口町にある「ふじもと整骨院」の藤本と申します。本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

本日は肩甲骨内側(うちがわ)内側縁や二の腕、手や腕の鈍い痛みや痺れが出る原因についてお話ししたいと思います。

寝違いをした後に肩甲骨の内側が痛くなったり、首を動かすと肩甲骨周辺や二の腕などに鈍痛やしびれ感が出る場合は頸椎椎間板ヘルニアの症状と考えた方が良いでしょう。

肩甲骨周辺の痛みは、日常生活などで、よほど特殊な動作をしない限り痛めにくい場所です。

その理由として肩甲骨は人間の体で唯一関節をもたない関節です。胸郭と言われる肋骨の上に乗っているような状態(エンジェルの翼のような)で筋肉によってぶら下がっているような感じです。そのような場所が痛む原因として頸椎からくる放散痛と言われる神経症状を疑わなければなりません。

腕の後ろに出る鈍い痛みはの原因は筋肉痛?

来院される患者さんのなかに、そんなに腕を使ったわけでもないのに、二の腕の後ろ(上腕三頭筋、三角筋)などの場所に鈍痛が出現したり、1~2週間、酷い方は1ヶ月も鈍痛が続く方もおられます。筋肉痛なら筋線維を痛めているので休めば治ります。1ヶ月も続くことはよほどのことが無い限りありません。

この事から二の腕にでる鈍痛の正体は頸椎椎間板ヘルニアからの神経症状(神経障害性疼痛)になります。

日によって痛む場所が色々変わる原因

痛み場所は基本変わることはありません。施術によって痛みがあった場所(その時痛かった場所)の痛みの軽減により、他の場所の痛みを再現するする場合があります。これは痛みがあまりに強いと中枢(脳)で複数の場所に痛みがあっても痛く感じないと気があります。

どこかでこけて打ち身などした場合に、さっきまで痛みがあった場所の痛みが消えていることなんてよくあることです。

日によって痛みが変わる原因として、その日に一番負担に感じている場所の痛みを意識として認識しているということです。

痛みや痺れが出る場所は頸椎のヘルニアの圧迫部位によって変化する?

痛む場所は頸椎のヘルニアの場合、主に上肢、頚部(腕、手や肩周り、首周辺)に痛みや痺れが出現します。腕が痛くなったり手が痛くなったりするのは、神経の圧迫されている場所が違うからです。神経のこの部分を圧迫すれば、この場所に痺れや痛みがでたり、頸椎の神経の出口の場所の違い(頸椎は8つの末梢神経が椎間孔という穴から出ています)などでも傷む場所が変化します。

長期間、頸椎にストレスを与えるような負担を与えていると椎間板性の痛みを出す場合があります。本来、椎間板には痛みを感じる神経が無いとされています(外周にはあります)。だた無理をしていると椎間板が傷つきその再生途中に神経(痛みを感じる神経が椎間板内に伸びる)が再生されるそうです。

椎間板性の痛みは肩甲骨周辺や僧帽筋周辺(肩)に出ると言われています。

 

頸椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になる原因?

頸椎椎間板ヘルニアになる原因は簡単です!

首に負担をかけるような負担を普段の日常生活で続けてきた結果です。よほどのことをしない限り、急になることはありません!プロレスラーのような方は外傷性によってなりますが…

頭(4~6kgあるとされています)その重い頭を首の細い骨(頸椎)で支えています。

例えると分かりやすいので、例をあげると、ボーリングの球を手にもって、自分の身体の真上で支えているとあまり力を使わずに持てると思います。そのボーリングの球を少しでも身体から離すような状態にするとどうでしょう?支えている腕がしんどいですね(-_-;)

そうです!頸椎は腕のような感じです。日常生活で頸椎に負担の掛かるような体勢を続けていると頸椎の椎間板や関節などに負担がかかります。その負担を感じとった中枢がこれは危ないと判断した場合、筋肉の過剰な緊張で首の動きを固めたり、痛みを出すことで、その負担を回避しようとします。これは無意識の脳が行っているので、知らない間に肩周辺が緊張している状態になっています。それが皆さん良く感じるのが肩こりです!

この負担はご自身が作り出しているものですので、この負担を取り除かなければ、どんなに凄いと言われるゴットハンドの先生に施術、治療をしてもらっても、すぐに元に戻ります!

これを理解できないと「痛い時には治療してもらったら良くなるからいいか」という安易な判断になってしまい、根本的な解決になってません。

ご自身の体は一つです。壊れても自動車のように部品交換をしたら直るというものではありません。再生医療が進んでいるので、遠い将来には自分の体もコピーできるようになるのでしょうが…

現在の医療では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になった場合は手術で治すしかありません。

最後は批判するような文章になってしまいました…(-_-;)

本当に治って頂きたいと思っているので、不快感を感じた方もご理解いただければと思います。