股関節が内股でも外股でも坐骨神経痛の原因になる?

本日もふじもと整骨院のブログを見て頂きありがとうございます。ふじもと整骨院の藤本と申します。

本日も皆さんにお役に立てる情報を発信したいと思います。

 

今回は腰椎椎間板ヘルニア以外で起こる坐骨神経痛の原因である梨状筋症候群についてお話ししたいと思います。

坐骨神経痛と言えば椎間板ヘルニアが主な原因です。

※坐骨神経痛について詳しく下線をクリック。

その他の原因として、腰から出た末梢神経の束が坐骨神経となって出てくるお尻付近(梨状筋)の筋肉が坐骨神経を圧迫し、神経症状の原因になっていると言われています。

坐骨神経は腰椎から枝分かれした神経がお尻を通過する前に神経の束になり坐骨神経になります。

ちょうどお尻に力を入れた時の窪んだあたりから梨状筋と言われる筋肉の下側の穴から足のほうへ神経が進んでいきます。下の図を参照してください。青色が坐骨神経です。梨状筋下孔と言われる穴から外へ出ていきます。

坐骨神経は通常は梨状筋の下方を通過するのですが、先天性の要因で梨状筋の筋肉の中を走行しているものもあるようです。

神経が筋肉の中を通っているので、この梨状筋が緊張すると坐骨神経を首を絞めるような形で、圧迫し坐骨神経痛の症状が誘発されると言われています。

今回お話しする股関節の内股、外股が坐骨神経痛の原因になるのは、この梨状筋が主な原因だと考えています。

では外股になると、神経が圧迫されやすいのか?

言葉で説明するのは少し難しいのですが、梨状筋という筋肉は立位で立っている状態では主に股関節を外旋(外股)させる役割を持っています。外旋とは膝(お皿)を外に向けるような動きになります。

この外旋をするときに梨状筋は収縮します。

収縮とは筋肉が縮むということですね。

筋肉が縮むと筋肉の中心が膨らみます。二の腕で力こぶしを作るとポパイのように膨らみますよね。

その場所を筋腹と言います。

 

先ほどもお伝えしたように、梨状筋の下を坐骨神経が通過しています。この神経の出口を梨状筋下孔といいます。

この梨状筋下孔と言われるトンネルの出口が筋肉が過剰に収縮することにより狭くなり、坐骨神経を圧迫し神経症状を誘発させていると言われています。

通常この外股の歩き方(つま先を外に向ける)や足を組んだりする動きが多くなると梨状筋を緊張させ、その結果坐骨神経を圧迫し神経過敏を誘発させる原因になるので気をつけましょう。

 

次に内股過ぎるても坐骨神経痛の症状が誘発される原因として、同じく梨状筋と言われる筋肉の問題になるのですが、内股にすると今度は逆に筋肉が「ぐ~」と伸ばされる状態になる。筋肉はぐ~と伸ばされ過ぎても緊張します。

伸びた状態は縮んでいる時のように筋腹が膨らみません。逆に平たく伸びた状態になります。緊張した時も坐骨神経の出口(梨状筋下孔)を狭めてしまうのですが、伸びすぎると今度は坐骨神経痛を上から押さえつけるような圧迫をうけてしまい神経症状が誘発されると考えられています。

 

股関節が内股でも外股過ぎても関節のアライメントが崩れている状態になっていますので、元(本来の位置関係)にある状態に戻してあげると、関節を動かす過剰な筋肉の緊張も少なくなるために関節の負担も減ります。

その結果、神経や血管を圧迫しにくい状態になり症状が軽減しやすくなります。

正常と言われる、関節構造上機能(解剖学的肢位)しやすい位置関係に戻すと色々な問題が出にくくなります。