神戸市北区、岡場駅、田尾寺駅周辺でお子様が成長痛でお悩みの方(オスグット病、ジャンパー膝、有痛性分裂膝蓋骨など)は対処療法では再発しやすい?

本日もふじもと整骨院のブログを見て頂きありがとうございます。

今回は成長痛に対してお話ししたいと思います。

病院勤務時代はよく見ましたが、今思えば治せていませんでした、、

 

一時的な痛みを抑える場合、安静をすれば良くなりますが、走るとすぐに再発します。

病院勤務時代は医師から「痛いときは安静にしてください、、」「成長期なので成長期が終わるまではしょうがないですね、、」みたいな対応でしたね、、

 

当時、自分もリバビリでは何もできていませんでした、、

 

リハビリでは一般的に、痛みの原因になっているある筋肉のストレッチ、筋トレなど、、やらせている場合が多いと思います、、

 

これは間違いです!

 

え~!!ストレッチはしたらダメなの~、、

というお声が聞こえてきそうですが、、

 

ダメというわけではありませんが、過剰なストレッチは危険です!!悪化もさせます!!

筋トレなんてもってのほかです!

 

なぜかともうしますと、

オスグットやジャンパー膝などは大腿四頭筋(膝を伸ばす筋肉)が過緊張になり、その付着部である骨(脆弱部)へのストレスやお皿(膝蓋骨)への負担が原因です!!

筋肉が過緊張ということは必要以上に筋肉が頑張り過ぎて(筋トレをしているのと同じ)無理がかかり使い過ぎて悲鳴をあげている状態です。

そこへ大腿四頭筋の筋力が弱いのが原因だといって、筋トレ(スクワットやフロントランジなどの筋トレ)をすれば悪化しますし、治りをどんどん悪くします。

 

筋肉が弱いではなく、無駄に働き過ぎて疲れている状態です、、(^ ^;)

そこへ筋トレは少し酷な感じがします、、 

 

下の写真の指先の部分が脛骨粗面と言われる場所です。この場所はオスグット病で四頭筋からお皿を伝わって靭帯が付着する部分です。この成長期の脆弱な部分にストレスがかかり骨が出っ張ってきます。

ではどうすれば早く治るのか、再発しないのか?

原因は筋肉が過剰にかんばり過ぎている状態(筋肉の過緊張状態)ですので、筋肉の緊張を正常に近づけてあげればよいのです。その方法は様々です。

一般的なのがストレッチですが、四頭筋という筋肉が伸ばせれ過ぎて緊張している状態でもありますので、通常のストレッチのように伸ばす方向へ、あまりやり過ぎる(伸ばし過ぎる、オーバーストレッチ)と警戒心を強くしてしまい、余計に緊張が強くなります。

ですので、一般に行われるストレッチはあまり効果はありません、、

どういった治療が効果があるのか?

先ほどもお伝えしたように、大腿四頭筋(膝を伸ばす筋肉、踏ん張る)が過緊張した状態で、尚且つ伸ばされるのが嫌な状態です。

もし整体や整骨院、クリニック・病院などの医療機関、民間療法をお受けになる場合は、施術を受けて物足りないくらいの優しい、ソフトな施術をして頂くところを選んでください。

なぜか?

それは過剰になっている筋肉の緊張状態を過敏にしないように施術をしてくれているということです。ただソフトで優しい施術をしてもらえたら治るわけではありません。

脳がその刺激(ストレッチなど)をうけて大丈夫と判断しなければ、いくらソフトで優しい施術を受けても痛みは続きます。

施術の目安は3~4回、2週間程度施術しても変化が無い場合は、そのまま続けていてもたぶん治らないと思いますので、他の民間療法をお探しください。

当院の平均は4回程度でほぼ痛みなくスポーツできる状態にななっています。2~3週間後の治癒率は今年に入ってからは100%です。

この成長痛で1ヶ月や半年たって治らない事はないと思います。

 

ただ施術で痛みが軽減したとしても、同じ動作を繰り返していると、大抵の場合は再発します。

再発する場合は、その運動をするときの動きが痛みと関係しています。

関節に不具合が生じるような動きをしていると、それを感知した脳が、その動きを止めようとします。

関節に負担がかかり過ぎたと判断した場合は痛みとして知らせてくれます。

 

動作指導をしてもらっても再発する場合は、動作指導が上手くいってないということですので、他の指導者や治療家にちゃんと見て頂きましょう!!

そうすれば再発無く、痛みなくスポーツができるようになるでしょう!

何かお困りの方はお気軽にお電話がコメントくださいね!