JR三田駅、西宮名塩駅、武田尾駅、道場駅、神鉄岡場駅、田尾寺駅、五社駅、唐櫃駅周辺にお住まいで成長痛(オスグット病、ジャンパー膝)でお悩みのあなたへ

今回のテーマは子供の膝におこる成長痛です。陸上や野球、サッカー選手に多い疾患です。

成長痛は成長期の時期に発症することが多いので、病院を受診した時に「たぶん成長痛でしょう」と言われることが多いと思います。

 

年齢的には10~15歳に陸上の跳躍やサッカーなどスポーツ選手に多いとされている男子に多い疾患です。

病院での治療は痛くなったら無理をせず、「練習後にアイシング、運動前後にストレッチやウオームアップをちゃんとしてください」といわれます。

成長期だから成長期が終われば痛みはなくなるので、だましだましでプレーをしている選手が多いのではないでしょうか?

オスグット病の要因としては、成長期の筋肉(要因になる筋肉は大腿四頭筋)と骨の成長のバランスが悪いため筋肉が成長線(骨端線)にある脛骨粗面の骨を引っ張り、骨の成長軟骨部が剥離した状態になり成長痛が出ると言われています。

症状が酷くなり、プレーできないようであれば手術することもあるようです。

ジャンパー膝の場合も同じく大腿四頭筋がお皿を引っ張ることにより、お皿の上下に痛みや圧痛が出現する疾患です。

骨の成長が早いと筋肉が、その成長に追いつかずに短いままだと、筋肉の伸び幅が無くなるため、負担になってきやすいと考えられます。そして、成長線(骨端線)は骨が成長していく過程、大変弱く(脆弱性)できているため負担がかかりやすくなります。

要するに大腿四頭筋が硬い、伸びない、緊張が強いため、筋肉から腱に変わり、骨に付着する部分(脆弱性)にストレスが集中し、靭帯が部分損傷したり、骨が剥離するような状態をいいます。

 

成長期が過ぎても、まれに痛みが続く方もおられます。

 

この成長痛と言われる疾患もちゃんした施術と動作指導をしてあげると1ヶ月以上、長引くこともありません。上手くいけば数回の施術でスポーツ復帰も可能になります。

 

当院の研究グループ(動作学研究会)が考える一番の原因は動き(動作)です!

走ったり、ジャンプしたりする時の動きが膝の靭帯や骨にストレスを与える原因になっていると考えています。

成長期に痛みが強くなるのなら、同じ競技をしているスポーツ選手にある程度、現れてもおかしくないのかなと思います。ある一定の子供さんだけがなるのには、きっと要因があるはずです。

次回、その辺りついて説明したいと思います。