神戸市北区、西宮市名塩で手首の腱鞘炎、痛みにお悩みの方へ。おやゆびの腱鞘炎の要因はスマートフォン?

本日もふじもと整骨院のブログを見て頂きありがとうございます。

いきなりですが、スマートフォンの時代ですね!自分の周りでも、ほぼスマートフォンに変わりつつあります。昔の携帯(ガラケー)を使っている人は少なくなっていますよね、、これも時代の流れですね、、

このスマートフォン、パソコンを使う人が増えているのに伴って、ひじや手首の腱鞘炎が増えてきているようです。

このことについて最近テレビでも取り上げられてきています。スマートフォンのやり過ぎでなる、その名はスマートフォンサムです!

スマートフォンサムって何?

スマートフォンサムって聞いたことありますか?

サムとは親指の事です。

世界的にも腱鞘炎が増えてきているはスマートフォンが要因と言われています。

サムという言い方をするということは、親指の使い方が要因にあるということです。

腱鞘炎はどの指でも起こります。ただ今回紹介する。スマートフォンサムは親指を特に使って操作をしている人に現れます。

人間が進化した過程に物を持つ(道具を使う、掴む)という、行為が脳を発達させたと言われています。他の動物(サルやチンパンジー)ではできない親指とその他の指で掴む動作は人間の指の構造でしか、掴むことができません。

 

この親指は他の指と違うところは掴む動作以外に色々な方向へ動かすことができます。他の指は指ではなく、手首を上手く操作して色々な方向へ動かしています。

この特性を利用してスマートフォンの画面上で多彩なおや指の動きをしています。女子高生がメールを打つのを見ていると、メールを打つ速さに驚きます、、(^^;)

この多彩な動きができる分、親指の筋肉や腱、腱鞘にストレスがかかり痛みの要因になっていると思われます。

 この他にもパソコンをよく使う、編み物をしている方に腱鞘炎が多いようです。

腱鞘炎について

手のおやゆびの腱鞘炎は手の甲側の手首でよく痛めます。皆さんの親指で試してもらうと、親指を普段曲げる事が多いのですが、その逆の動き、指を反らす(伸ばす)動きをしてから手首を甲側へ反らす(曲げる)と親指の手首辺りに二本の浮き上がる腱があるの分かりますか?

この腱を覆っているのが腱鞘(けんしょう)です。腱がこの腱鞘の中を通過することで、こすれ合い炎症が起こります。腱鞘炎はこの腱鞘が炎症を起こした状態をいいます。

この腱鞘の作りは個人差があるようです。個人差によって腱鞘炎になりやすい人となりにくい人がいます。

フィンケルシュタインテスト

この親指の腱鞘かどうかのテスト法にフィンケルシュタインテストがあります。👆

親指を他の指で隠すようにグー(握ります)にします。そのまま小指側へ手首を曲げて親指付け根辺りが痛ければ陽性です。

 

対処法は親指を使い過ぎないように人差し指で操作をすればよいでしょう。

あとは手首の角度や指の動かし方によって腱鞘炎になりやすい動きをしていれば直さなければ、治療をしても再発します。悪い使い方かは実際に見させて頂かないと、動作指導はできませんので、お近くなら一度ご来院ください。

何かお困りでしたらお気軽にコメント頂ければと思います。