しゃがめる(屈伸できる)のに階段の上りで膝が痛くなる理由について

今回はしゃがめるのに階段の上り下りの時だけ痛みが出る理由についてお話しします。

屈伸や上の写真のランジと言われる動作ができるのにもかかわらず、膝が痛い、、

走っても痛くないのに階段下りる時だけ膝が痛いなどよく聞きます。

この痛みの要因は、ほぼ動作痛ですので、動作が要因です。

上るときに痛みが出る要因の答えを説明しますと、

階段のように前上方へ向けて身体重心(からだの重心位置)を動かしていく場合に、本来であれば効率よく、踏み込んでいく足の方へ身体重心が動くはずが、今までの痛み、恐怖心や癖などから効率性が悪くなり、体重を載せなければならない時に体重が後ろ足に残ってしまい、膝の負担が増えるような上り方になってしまい膝痛が出てしまうタイプです。

階段の段を上るときの「上へ上げていく足の方へ」しっかりと身体重心(体重)をのせていければ膝にかかる負担が減ります。

あんまり前に突っ込むほど、体重をのせなくてもよいですが、上にあげた足の土踏(支持している足裏)より前におへそが移動(のっていくイメージ)すれば身体を前に行く力が効率よくできますので、膝の負担は減ります。

へっぴり腰のように怖さや恐怖心で、痛い側の足へ重心が乗せれないような中途半端な状態で上ろうとすると痛みの要因になってしまいます。

あとは階段を上るときに、必要以上につま先に力が入り過ぎていないか?

指先に力が入っていると、手の指で説明しますと、握っている感じになっています。

そうではなく、手でいうと指先の力を抜いて足の指が開いている感じにしてください。

この2つを守っていただければ、上るときの膝痛も軽減しやすいと思います。

何かわからないやコメントがあればお気軽に書き込んでくださいね!

こちらが返信する場合、コメントの欄に続けて返信していきます。

※読んでいただいた方への直接的な返信はできません。