西宮名塩、生瀬周辺で病院の治療で牽引後に悪化する腰痛、坐骨神経痛にお悩みのあなたへ

生瀬・西宮名塩周辺にお住いの皆様へ、本日もふじもと整骨院のブログを見て頂きありがとうございます。

 

今回は牽引後に悪化する原因について簡単にお話ししようと思います。

 

自分もリハビリテーション科で勤務していた時に思ったのですが、ぎっくり腰後の腰痛や腰椎椎間板ヘルニアから起こる坐骨神経痛の患者様で牽引後に悪化する方が結構おられました、、

 

先生からは「牽引で悪化したらやめてください」と言われます。

 

悪化するか、しないかは正直その人のその時の状況(疲労、年齢など)などによって変わってくるので、一概に言えないのですが、神経生理学的、解剖学的、関節構造学的に悪化することの説明はある程度できます。

 

それでは簡単に、その要因についてお話ししたいと思います。

 

まず、皆さんが痛いと感じでいる要因ですが、これは痛み場所(患部)で感じているわけではなく、脳で感じています。

痛みや感情と言った意志は脳で感じているので、実際にケガが無くても痛みを感じることがあります。それが事故後に腕を切断して無いはずの、腕が痛くなる「幻肢痛」です。

 

幻肢痛はまさしく脳の痛みです。ない腕が痛いわけないのですから、、

 

ただ、これは脳による問題ですので、通常の痛みは、患部から送られる痛みの情報源から痛みとして意識に上っています。

患部に無理や過負荷がかかるとそれを察知した脳が「これはやばい!!」「このままだと組織が壊れてしまう!!」と判断した場合、その場所の保護にとりかかります。

 

それが皆さんが腰が痛くなると感じる動きの悪さです。

 

それともう一つ起こるのが意識にのぼる痛みです!

 

この二つにより脳は患部の保護(生命維持)をしようとします!

 

なぜか?

 

それは腰に負担がこれ以上かからないようにする反応だからです。

 

 

ではなぜ?牽引をしたら悪化するのか?

その要因は無理な力です!

 

先ほどもお伝えしたように悪い部分は脳が患部を保護しています!それも必要以上の筋肉や神経の緊張状態をつくってです。

その患部を保護しようとしている部分に牽引という必要以上のストレスが腰などにかかると、脳がそれを察知して更に神経を過敏にして患部を守ろうとします。神経が過敏になるということは、いつもならストレスと感じない負担を感じとって痛みとして判断してしまうのです。

その結果、牽引後に症状が悪化します。

悪化するかどうかは患部の状態や神経の過敏性、筋肉の緊張状態、精神状態、年齢によって変わってきます。

悪化しなく痛くない人はよいのですが、悪化する場合は止めた方が良いでしょう!

 

医学的に牽引で効果があるとすれば、リラックス効果だけです。ストレッチみたいなものですね、

 

牽引でヘルニアが引っ込むと言われますが、今のところ医学的(エビデンス)な根拠はありません。

 

引っ張ってもヘルニアは基本良くなりません、、悪化する場合が多いと感じています。

 

要するに患部に無理な力がかからないように治療するのが一番かと感じています。

 

 

本日はこういったお話で終わりたいと思います。次回も皆様のためになる情報を発信したいと思います。