神戸市北区で腰痛でお悩みの皆様へ、腹筋は腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)の要因になる?

今回はここ最近のyahooニュースをお伝えしたいともいます。

 

どうやら腹筋運動がスポーツなどのトレーニングとしてなくなりそうですね!

この業界のかたは「認識が遅すぎる」という感じのニュースなのですが、、

 

一般の方から考えると腹筋や背筋を鍛えれば腰痛が治るとお思いになり腹筋運動をしていた方多いと思います。

腹筋と言ってもやり方にもよりますが、一般的に行われる上体を起こす筋トレが主な腰痛の原因になります。

 

なぜ?腹筋を鍛えると腰痛になるか?

このニュースが話題にしたのが、カナダ・ウオータールー大学のスチュアート・マックギル名誉教授です。この教授の研究データーから、ひざを曲げた状態、伸ばした状態に関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫させる力が、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛に繋がる基準値と同等だとする研究結果が要因です。

 

この研究結果を見た日本バスケットバール協会が全国で腹筋運動に対する指導者講習会を開いているそうです。

 

自分には、この研究結果が出る以前から腹筋運動に対する疑問がありました。

 

それは腰痛の患者さんを治療している立場だから言えることなのですが、腰痛の患者さんは基本、腰周辺の筋肉が過剰に緊張しています。

緊張を他の言い方に例えると、ずっと筋トレしているような感じです。例えば腕や肩にずっと力を入れて生活したら皆さんどうですか?凝りそうですし、筋肉痛、疲労性の状態になりそうな感じ分かるでしょうか?

この筋トレを必要以上にしていて逆に力が抜けないような状態(自分の意志では力が抜けない)で更に腹筋という椎間板にストレスを与える行為をすれば間違いなく悪化します!

これを運動している学校の先生、トレーナー、指導者側が理解していなく、子供たちに筋トレをさすと腰椎の椎間板ヘルニアの要因を作ってしまう可能性が出てきます。

 

筋トレを必要以上にして腰痛が治らない学生を何百人も見させて頂いているから言えることなんです。

 

腹筋をさせるのではなく、力の抜き方やその運動に対して、体が効率よく動けるように動作指導できる指導者が増えればと思っています。

最後は批判のような言葉を使ってしまいましたが、これから成長していく子供たちの事を考えると、どうしても熱くなってしまいます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。