車の運転で腰が痛くなる方の症状解説と予防法

今回は車に乗った時に、腰が痛い方の症状解説をしたいと思います。

立ったり動いたりしているときに痛みが無いのに、座ると腰が痛くなる方おられると思います。

当院の患者さんでも施術後あらゆる動きをしてらって痛みが無くなっているのに、車の運転時に腰が痛みだけが残りました。

この痛みは結構厄介系です。

長年、慢性的な痛みを持っている腰痛の方に多いと感じています。

 

なぜ座ると腰に負担になるのか?

元々立っている時より座っている方が腰に負担になるデーターがあります。その他の違いとして、

座った時と動いている時の違いは、「静止している」か「動いている」かの差です。

 

それでは動いている方がましになる理由を解説したいと思います。

 

まず、一つ目は動くことによって筋肉も動きますので、血液循環が良くなり、痛みを伝える物質が滞りなく流れていくために痛みが軽減する。

 

二つ目は座り方です。

勉強や運転操作は基本体の前で作業を行います。体の前で手を使って操作しますので、基本重心(骨盤の奥辺り)も前に行くことが理想です。

 

車のイスでも座席の形状で腰痛がでやすくなったりします。腰痛になりやすいシートはお尻の部分が下がっている(窪んでいる)シートです。

 

理想はフラットか少し前に傾斜をしている方が、骨盤が良い姿勢の状態にキープしやすいため、その上に乗っている背骨も安定します。

 

骨盤が悪い姿勢とは、猫背になったような感じです。この場合、重心が後方へありますので、前でハンドルを操作するためには不利になります。分かりやすく言うと、ハンドルと重心位置が遠くなる感じだと思っていただければと思います。

 

ではどうすれば良いのか?

 

これは簡単です。座席シートをフラットにすれば良いのです。こうすることで腰の負担が減ります。

 

もう一つは重心のバランスです。

立っているときに、あまりにも重心が安定しすぎている状態は腰の負担を強めてしまいます。

理想はどちらかの足に、しっかりと重心を移すことです。立っている時の「休めの姿勢」のような状態を作ればよいのです。

 

安定しすぎると、なぜ良くないのか?

それは重心移動が少ないため、局所にかかる負担が集中しやすくなる為です。

動き幅があれば瞬時の動きに対応でしますが、安定が良すぎて足の重量配分が左右同じような場合は、咄嗟にどちらかの足を動かすときに不利になります。

 

車の運転はオートマ車の場合、右足操作になりますので、基本左側重心になります。右重心の方は左へしっかりと重心を移動し、左足を伸ばさず、軽度曲げた状態で座るようにしてください。

 

長時間の運転は同じ場所への負担になりますので、定期的に休み(30分~1時間おきに)を入れて運転するように心がけてください。

 

100%負担を防ぐことはできませんが、3~4割程度負担は減らせると思います。

疲労の蓄積はぎっくり腰になったり、腰椎椎間板ヘルニアになる要因になりますので、気をつけましょう!

 

本日は運転中の腰痛について解説いたしました。また皆さんにお役に立てる情報をお伝えしたいと思います。