神戸市北区・西宮市山口町周辺で交通事故後の整骨院をお探しの方へ 交通事故になった場合、弁護士特約に入っていると良い理由について

交通事故にあったときに、車の保険に加入する時に弁護士特約に入っていると、弁護士相談や弁護士を通しての保険会社への対応など、とても便利で、しかも費用は無料になるので、事故を起こした場合を考えるとメリットがあります。

 

どういう時に弁護士特約に入っていると良いのか?

 

1、示談時のご相談や慰謝料のご相談時に保険会社への対応を弁護士がして頂けるので、安心です。

※実は保険会社の保険料の支払い基準と弁護士基準は別物で、大きな金額差があるということで、安易に示談してしまうと損をしてしまします。

 

2、事故後、病院や整骨院で治療をしてもらったが、治療効果が良くなく後遺症が残りそうな場合。 例)事故後6ヶ月治療をしたが、首の痛みや痺れが残っているなど

 

この場合、症状固定として治療が打ち切りになった場合、自賠責後遺障害等級認定により、認定されれば障害保険料金が支払われますが、認められない場合は後遺症が残ったとしても、その後遺症に対しての慰謝料は支払れないことになります。その後、病院や整骨院で通院を続けた場合は全額自費で支払うことになってしまいます。

 

※等級により慰謝料の料金が大幅に変わります。

 

※症状固定とは:治療の甲斐なく、これ以上治療を続けても効果がないと見込めないと判断された場合、痛みや痺れが残っとしても医師の診断により治療が終了(症状固定)してしまいます。

 

以上の理由以外にも弁護士特約に入っていると、交通事故をした場合、有利に話を勧めることができますし、治療が急に打ち切りになったりの心配も無くなります。

 

まず、ご自身の保険加入時に弁護士特約に入っているかをご確認くださいね。

 

交通事故は一生に何度もすることがありませんので、入るかは要らないかは任意になります。あくまでも交通事故をした時に便利ということです。